オオイタビ(読み)おおいたび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオイタビ
おおいたび
[学]Ficus pumila L.

クワ科の常緑藤本(とうほん)。よく分枝して不定根を出し他物によじ登り、葉を多くつけて覆い隠す。葉は互生し有柄、楕円(だえん)ないし長楕円形、長さ4~10センチメートル、厚い革質で全縁、裏面は粉白色で毛に覆われた気孔室があり、中の数個の気孔からの蒸散を防ぎ乾燥に強い。いちじく状花序はほぼ洋ナシ形で径約3センチメートル、熟すと紫色を帯びる。雌雄異株とされるが同株もあるらしい。崖(がけ)や石垣などの表面を覆って茂り、本州の関東地方以西、四国、九州、沖縄に生育し、中国大陸南部、台湾、インドシナに分布する。沖縄では石垣の補強に賞用される。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオイタビの言及

【イタビカズラ】より

…本州(新潟県・福島県以南),四国,九州,琉球,中国,インドシナ,アッサム,ブータン,シッキムに分布し,石垣などにまとわりつく。近縁のオオイタビF.pumila L.はより暖かい地方にあり,4cmにもなる大型の果囊をつけ,茎葉や根が中国で薬用にされる。よく似たカンテンイタビF.awkeotsang Makinoは台湾にあり,より大型の果囊をつける。…

※「オオイタビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android