コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオチャバネセセリ おおちゃばねせせり

1件 の用語解説(オオチャバネセセリの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオチャバネセセリ
おおちゃばねせせり / 大茶翅
[学]Polytremis pellucida

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。北海道から九州まで広く分布し、関東地方以北では普通であるが西南日本では一般に少ない。外国では朝鮮半島、中国東北部、台湾から記録されているが、はたして日本産と同種であるかどうかはさらに検討を要する。普通のイチモンジセセリに似ているが、全体の大きさに対して触角が長いこと、後ろばねの白斑(はくはん)がイチモンジセセリのように一列に規則正しく並ばず、交互にずれることによって容易に見分けられる。寒冷地では年1回7~8月に発生するが、暖地では年2回(6~7月、8~10月)、秋季に第3化のみられることもある。幼虫の普通の食草はササ・タケの類、ススキ、チガヤ、ヨシ、イネなどにもつくことがある。越冬態は幼虫である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオチャバネセセリの言及

【イチモンジセセリ】より

…八重山諸島以南に分布するトガリチャバネセセリPelopidas agnaは前翅の白色斑配列がチャバネセセリと異なる。オオチャバネセセリ属のオオチャバネセセリPolytremis pellucidaは外見上本種に似るが,後翅の4個の白色斑は1直線状に並ばない。【高橋 真弓】。…

※「オオチャバネセセリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone