コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバショウマ

2件 の用語解説(オオバショウマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オオバショウマ

サラシナショウマ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバショウマ
おおばしょうま / 大葉升麻
[学]Cimicifuga acerina (Sieb. et Zucc.) C. Tanaka

キンポウゲ科の多年草。茎は高さ0.8~1.2メートル。根出葉は1回3出の複葉、小葉は円心形で5~7浅裂する。花は8~9月、長さ15~30センチメートル穂状花序につき、白色。本州から九州に分布し、温帯の林内に生える。本州中部地方には小葉が盾(たて)状につく変種キケンショウマ(鬼瞼升麻)が分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone