コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバベニガシワ Alchornea trewioides (Benth) Mueller‐Arg.

世界大百科事典 第2版の解説

オオバベニガシワ【Alchornea trewioides (Benth) Mueller‐Arg.】

萌芽のときの若芽が鮮紅色で美しく,切花や庭木にされるトウダイグサ科の落葉低木。花屋でアカメガシワと誤って呼ばれることもあるが,別物である。互生する心形から円心形の葉は,若葉のときは紅色を帯びるが,のち緑色となる。葉柄は長く,葉縁には鋸歯がある。開花は春,雌雄同株だが,異なった花序に,小さな花を穂状につける。中国大陸南東部原産で,日本では関東以西の暖地露地で栽植される。根から不定芽を生じやすく,急速に繁殖し株立ちとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オオバベニガシワの関連キーワード萌芽

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android