コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバベニガシワ Alchornea trewioides (Benth) Mueller‐Arg.

1件 の用語解説(オオバベニガシワの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオバベニガシワ【Alchornea trewioides (Benth) Mueller‐Arg.】

萌芽のときの若芽が鮮紅色で美しく,切花や庭木にされるトウダイグサ科の落葉低木。花屋でアカメガシワと誤って呼ばれることもあるが,別物である。互生する心形から円心形の葉は,若葉のときは紅色を帯びるが,のち緑色となる。葉柄は長く,葉縁には鋸歯がある。開花は春,雌雄同株だが,異なった花序に,小さな花を穂状につける。中国大陸南東部原産で,日本では関東以西の暖地の露地で栽植される。根から不定芽を生じやすく,急速に繁殖し株立ちとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバベニガシワの関連キーワード独活芽鮮紅浜鯛紅鮭萌芽細し芽生え木の芽焼若立ち若芽色

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone