コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカバンゴ湿地 オカバンゴしっちOkavango Swamps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカバンゴ湿地
オカバンゴしっち
Okavango Swamps

ボツワナ北西部にある大湿地帯。アンゴラに源を発するオカバンゴ川の下流に広がる。面積約 1万6800km2。1849年,デービッド・リビングストンが発見した。湿地の上流域はパピルスに覆われているが,下流域は年間を通して水没している。オカバンゴ川は水量を誇る大河であるが,この湿地帯で吸収,蒸発し,その相当量が失われる。カラハリ砂漠に広がるオアシスであり,チーター,シロサイリカオン,ライオンなど絶滅が危惧される大型哺乳類や鳥類,地上最大級の個体群である 10万頭のゾウの生息地となっている。湿地の北西部はモレミ野生動物保護区に指定されている。2014年,世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オカバンゴ湿地の関連キーワードオカバンゴ・デルタンガミ湖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android