オクサイドレッド(英語表記)oxide red

色名がわかる辞典の解説

オクサイドレッド【oxide red】

色名の一つ。人類最古の赤色顔料とされる三酸化二鉄を主成分とする赤土の色。みを帯びた茶色のこと。オクサイドとは酸化物という意味。古くから知られていたのがインドで採取されたインディアンレッドで、オクサイドレッドの代表的な色とされる。石器時代から使われており、洞窟の壁画に残されている。ヨーロッパで有名だったのはベニスの赤。ベニシアンレッドという。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android