コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクサイドレッド oxide red

1件 の用語解説(オクサイドレッドの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

オクサイドレッド【oxide red】

色名の一つ。人類最古の赤色顔料とされる三酸化二鉄を主成分とする赤土の色。みを帯びた茶色のこと。オクサイドとは酸化物という意味。古くから知られていたのがインドで採取されたインディアンレッドで、オクサイドレッドの代表的な色とされる。石器時代から使われており、洞窟の壁画に残されている。ヨーロッパで有名だったのはベニスの赤。ベニシアンレッドという。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オクサイドレッドの関連キーワード顔料酸化銅テラロッサ有機顔料インド赤銀朱四酸化三鉛チャタルヒュユクルブリカ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone