オクラホマ州(読み)オクラホマ(英語表記)Oklahoma

翻訳|Oklahoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オクラホマ〔州〕
オクラホマ
Oklahoma

アメリカ合衆国,中南部の州。州都はオクラホマシティー。1541年スペイン人フランシスコ・バスケス・デ・コロナドが,この地方を探検。18世紀に入ってルイジアナ植民地に属し,1803年合衆国領,1830年にインディアン(→北アメリカインディアン)の居留地に指定されたが,南北戦争とそれに続く混乱を経て,先着順に無償で土地を提供する「ランドラン」Land Runが 1889年に実施され,白人の入植が始まった。1907年,46番目の州となった。北はコロラド州,カンザス州,東はミズーリ州,アーカンソー州,南はテキサス州,西はニューメキシコ州に接する。全体として西から東へ高度が低下し,ミシシッピ川支流のアーカンソー川水系の流域を占める。西部は乾燥して樹木のない不毛の地であるが,東部山地はうっそうたる林に覆われている。全州中 2番目にインディアン人口が多く,全人口の約 6%を占める。農牧を主産業とし,コムギ,綿花,トウモロコシなどを産する。牛肉は州の主要な畜産物。州の北部に石油,天然ガスの産出量が多く,岩塩,硫黄なども豊富である。石油精製,石油化学,機械,金属などの工業があるが,工業化は遅れている。面積 18万1038km2。人口 387万8051(2014推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オクラホマ州の関連情報