コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オジェシュコバ Eliza Orzeszkowa

世界大百科事典 第2版の解説

オジェシュコバ【Eliza Orzeszkowa】

1841‐1910
ポーランド実証主義を代表する小説家。ポーランド文学史上初の職業的な女流作家でもある。自立をやむなくされた〈良家〉の女性を見舞った悲劇を描く《寡婦マルタ》(1873)では婦人解放問題を,《メイル・エゾフォビチ》(1878)ではユダヤ人同化問題を取り上げるなど,実証主義の主張を積極的に作品化した。代表作は一月蜂起後のリトアニアのポーランド社会を描く働く者への賛歌,長編《ネマンのほとり》(1887)で,その自然描写の美しさはミツキエビチの《パン・タデウシュ》(1834)に比せられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オジェシュコバ
おじぇしゅこば
Eliza Orzeszkowa
(1841―1910)

ポーランドの女流小説家。一生をほとんどリトアニアのグロドノで送り、1863年の一月蜂起(ほうき)に参加、夫との不和などで困難な立場に置かれたが、膨大な読書により独力で広い視野を身につけ、旺盛(おうせい)な執筆、社会活動を行った。『マルタ』(1873)では女性解放問題を、『メイル・エゾフォビッチ』(1878)ではユダヤ人問題を、『がさつ者』(1889)では農民問題を描き、また祖国を捨てイギリスに帰化した作家J・コンラッドを激しく非難するなど、幅広い社会的関心を示した。代表作はリトアニアのポーランド社会の一大パノラマ『ニェメン川のほとり』(1888)である。[長谷見一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオジェシュコバの言及

【ポジティビズム運動】より

…運動は1862年にワルシャワ中央学校の名前で再興されたワルシャワ大学の卒業生を中心に展開されたが,なかでも有名だったのが〈新世代の首領〉と呼ばれたシフィエントホフスキである。そのほかプルスシェンキエビチオジェシュコバらも,この運動の支持者として知られている。彼らは日常的な生産労働や,地道な社会問題の解決を軽視する旧世代のロマン主義的な考え方を批判した。…

※「オジェシュコバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オジェシュコバの関連キーワードコノプニツカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android