コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスカル2世 オスカルにせいOskar II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスカル2世
オスカルにせい
Oskar II

[生]1829.1.21. ストックホルム
[没]1907.12.8. ストックホルム
スウェーデン王 (在位 1872~1907) ,ノルウェー王 (在位 1872~1905) 。オスカル1世の子。雄弁家で,音楽,文学を愛好し,詩集,歴史書の著作もある。保守的政策を支持したため,議会としばしば衝突した。その治世には政党が発達し,産業,貿易が繁栄した。他方,治世初期からの国防問題は,1901年に兵役の期間延長と全男性の強制徴兵の決定をみて解決した。スウェーデン,ノルウェーの同君連合維持に努めたが,ノルウェー独立運動によって 05年ノルウェー王退位を余儀なくされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

オスカル2世

生年月日:1829年1月21日
スウェーデン王(在位1872〜1907),ノルウェー王(在位1872〜1905)
1907年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

オスカル2世の関連キーワードオスカル・カール・アウグスト ベルナドッテプリンス ユージェングスタフ5世アーベル賞ミケルセン生年月日在位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android