コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー・ハーン オットー・ハーン Otto Hahn

1件 の用語解説(オットー・ハーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットー・ハーン
オットー・ハーン
Otto Hahn

西ドイツの原子力商船第1号で,1968年 10月に就航した。排水量は約2万 6000t,速力約 16ノット,熱出力3万 8000kWの改良型加圧水型原子炉を積んで,鉱石運搬専用船として活動,10年間に 60万海里を航海した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オットー・ハーンの関連キーワード西ドイツ原子力村RSK統一ドイツ志賀原子力発電所川内原子力発電所福島第二原子力発電所ドイツの小さな町南西ドイツ室内管弦楽団3・11後のフランスとドイツの原子力政策

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オットー・ハーンの関連情報