コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフレアティ オフレアティ O'Flaherty, Liam

2件 の用語解説(オフレアティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフレアティ
オフレアティ
O'Flaherty, Liam

[生]1896.8.28. アラン諸島
[没]1984.9.7. ダブリン
アイルランドの小説家。『密告者』 The Informer (1925,J.フォードにより映画化,邦題『男の敵』) ,『清教徒』 The Puritan (32) ,『飢饉』 Famine (37) ,短編集『春の種まき』 Spring Sowing (23) ,『山の旅籠屋』 The Mountain Tavern (29) ,『野生の白鳥』 The Wild Swan (32) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オフレアティ
おふれあてぃ
Liam O'Flaherty
(1896―1984)

アイルランドの小説家。アラン島生まれる。第一次世界大戦に従軍、のち3年間、世界を放浪して旅した。1922年にはアイルランド独立運動で活躍した。迫力あるサスペンススリラーで、「魂のメロドラマ」の域に達したと評された小説『密告者』(1925)で文名を確立した。『暗殺者』(1928)、『清教徒』(1931)、『反乱』(1950)などの長編小説があり、歴史小説に『飢饉(ききん)』(1937)がある。また短編小説の名手で、アイルランドの農民の生活や、野生の動物の生活を生き生きと描き出した『春の種まき』(1924)、『野生の白鳥』(1932)などの短編集がある。[小松原茂雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフレアティの関連キーワードアラン諸島アンダマン諸島コロン諸島バージン諸島ルソン海峡アランセーターケイマン諸島フィリピン諸島レランス諸島ユニオン諸島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone