オボーリン(読み)おぼーりん(英語表記)Лев Николаевич Оборин/Lev Nikolaevich Oborin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オボーリン
おぼーりん
Лев Николаевич Оборин/Lev Nikolaevich Oborin
(1907―1974)

ソ連のピアノ奏者。1927年第1回ショパン国際コンクールで優勝、ソ連の代表的新鋭と目された。38年からダビッド・オイストラフと組んで二重奏を、41年からさらにスビャトスラフ・クヌシェビツキーを加えてピアノ三重奏を始め、室内楽でも活躍。第二次世界大戦後はモスクワ音楽院で教育活動に力を入れ、アシュケナージをはじめ多くの若手を育てた。56年(昭和31)初来日。その演奏はスケールの大きいものではないが、正確で清潔、現代感覚にあふれていた。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オボーリン

ロシアのピアノ奏者。モスクワに生まれ,1927年第1回ショパン国際ピアノ・コンクールで優勝。1928年から母校モスクワ音楽院で教鞭(きょうべん)をとり,V.D.アシュケナージ〔1937-〕らを育てた。洗練された技巧で知られ,オイストラフなどと共演。プロコフィエフの作品など初演曲も多く,ハチャトゥリヤンから《ピアノ協奏曲》(1936年)を献呈されている。
→関連項目アシュケナージショパン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android