オリヴァー リード(英語表記)Oliver Reed

20世紀西洋人名事典の解説


1938.2.13 -
俳優。
ウィンブルドン(英国)生まれ。
父方の叔父はキャロル・リード監督、母方の祖父は演劇マネージャーのハーバート・ビーボーン・トゥリー。両親が離婚してしまった少年時代は、転校すること13回の手に負えない暴れん坊。セイント・ジョージ・カレッジ時代はクロス・カントリーの代表選手をつとめ、又休暇になるとプロ・ボクサーとしてありあまるエネルギーをボクシングにぶつけた。映画のエキストラ出演を経て、1958年テレビの「The Golden Spur」のオーデションを受け本格的に芸能界入り。’61年「吸血狼男」に主演し好評を得た。一度見たら忘れられない、こわいほど野生的な容姿と雰囲気を持ち、ハマー・フィルムの怪奇ホラーに次々と出演し、性格俳優としての位置を保ちつづけている。私生活では’60年アイルランド人モデルのキャサリーン・ビーンと結婚し1男をもうけ、離婚後ジャッキー・ダリルと再婚し1女をもうけた。W.H.アレン著「Funny Reed,All about Me」(’79年)の伝記がある。他の作品に「砂漠ライオン」(’80年)、「恐るべき訪問者」(’81年)、「セカンド・チャンス」(’83年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android