コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドリン Aldrin, Edwin Eugene, Jr.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドリン
Aldrin, Edwin Eugene, Jr.

[生]1930.1.20. ニュージャージー,モントクレア
アメリカの宇宙飛行士。 N.アームストロングに次いで,2番目に月面に降り立った。陸軍士官学校卒業後,空軍のパイロットとなり,朝鮮戦争に従軍。その後,マサチューセッツ工科大学で宇宙工学を学び,1963年,軌道飛行中のランデブーの技術に関する研究で学位を取得,同時に第3期宇宙飛行士の一人に選ばれた。 66年 11月,J.ラベルとともにジェミニ 12号に乗り,5時間半にわたる船外活動の記録をつくった。 69年7月 16日アポロ 11号でアームストロング,M.コリンズとともに地球を出発し,4日後月面に降り立ち,岩石採集,科学機械の設置などを行なった。 71年エドワード空軍基地のパイロット養成指令官となるが翌年退役した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルドリンの関連キーワードアームストロング(Neil Alden Armstrong)ネイル・アルデン アームストロング宇宙開発史(年表)ロケット(飛行体)バズ オルドリンアーマルコ石ジェミニ計画アポロ11号静かの基地アポロ計画宇宙開発文化勲章月探査機

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルドリンの関連情報