コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙工学 うちゅうこうがくspace technology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙工学
うちゅうこうがく
space technology

主として地球の大気圏外を飛行する乗物,すなわち宇宙飛行体 spacecraftの技術的諸問題を取扱う学問分野で,航空工学と対比して用いられる。内容は,ロケット人工衛星宇宙船などの設計,構造,材料,推進機構,軌道運動,姿勢運動などの運動特性,空気,熱などに対する力学特性,誘導,制御,地上設備,安全性信頼性解析などを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐こうがく〔ウチウ‐〕【宇宙工学】

ロケット・ミサイル・人工衛星・惑星探査機などの設計・製作・運航に関する科学・技術。宇宙技術。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちゅうこうがく【宇宙工学】

人工衛星や宇宙船の設計・打ち上げ・誘導制御などに関する工学分野。多方面の科学・技術によって構成される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙工学
うちゅうこうがく
space engineering

有人、無人にかかわらず、宇宙機を飛ばすには、単にロケットを製作し、打ち上げるだけではなく、宇宙機への搭載物の製作、宇宙機の誘導制御、観測データの地上への送受信やデータ処理、また有人であればその無事な帰還や健康管理・訓練など、各種の問題に万全を期さなければならない。そこには非常に多くの分野の技術が関連しており、これら全体を対象とする工学を宇宙工学とよぶ。これはまた巨額の費用を要するとともに、地表上とは極端に異なった宇宙環境で、搭載機器には確実な作動が要求されることから、そのような信頼性や安全性を確保するためのシステム工学systems engineeringという分野を生み出し、原子力の平和利用と並んで巨大科学技術(ビッグ・サイエンス)とよばれるようになった。[新羅一郎・久保園晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇宙工学の関連キーワードアームストロング(Neil Alden Armstrong)ヘルマン・ユリウス オーベルトヘルマン・J. オーベルトラグランジュの摂動方程式民間宇宙団体(日本の)マイケル グリフィンツィオルコフスキーロケットエンジンアブドル カラム誘致による分類宇宙科学研究所トゥールーズ電磁流体力学カーペンターオルドリン川口淳一郎アナーバーテレシコワオーベルトローマ大学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙工学の関連情報