コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーク・リッジ(読み)オークリッジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーク・リッジ
おーくりっじ
Oak Ridge

アメリカ合衆国、テネシー州東部の新興都市。人口2万7387(2000)。1942年、マンハッタン計画による世界初の原爆用ウラン分離工場用地として町が建設されたが、45年夏までその存在と目的は秘密にされていた。原子爆弾に使用するウラン235とプルトニウム239がここで開発された。町は47年以来、合衆国原子力委員会の管轄下にあったが、59年以降、住民の自治に戻った。オーク・リッジ国立研究所を中心として、核エネルギー、核物理の研究が行われている。原子炉施設、核燃料などの工場があるほか、14の大学による共同の原子力研究施設と、テネシー大学大学院生医学研究科もある。諸施設のなかでもアメリカ原子力エネルギー博物館は有名である。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android