コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートコリメーター autocollimator

世界大百科事典 第2版の解説

オートコリメーター【autocollimator】

平面鏡(一般には平面)の傾きを正確に測定する器具。図はF.ガウスの接眼レンズを用いたオートコリメーターの例で,一種の望遠鏡で構成されている。小孔から光を入れ,ガラス板からの反射光で十字線を照明する。十字線は対物レンズの焦点面に置かれているので,ここから出る光は対物レンズを通ると平行光になる。平面鏡で反射して戻る平行光が望遠鏡に入ると,焦点面上に十字線の像を結ぶ。平面鏡または望遠鏡の傾きを調節して,平面鏡の面が望遠鏡の光軸に完全に垂直になるようにすると,十字線と平面鏡からの反射光でできる十字線の像が完全に合致し,これは接眼鏡で観察される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android