コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートコリメーター オートコリメーターautocollimator

2件 の用語解説(オートコリメーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オートコリメーター(autocollimator)

コリメーター望遠鏡組み合わせた微小な角度の差や振れなどを測定する光学機器。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オートコリメーター【autocollimator】

平面鏡(一般には平面)の傾きを正確に測定する器具。図はF.ガウス接眼レンズを用いたオートコリメーターの例で,一種の望遠鏡で構成されている。小孔から光を入れ,ガラス板からの反射光で十字線を照明する。十字線は対物レンズの焦点面に置かれているので,ここから出る光は対物レンズを通ると平行光になる。平面鏡で反射して戻る平行光が望遠鏡に入ると,焦点面上に十字線の像を結ぶ。平面鏡または望遠鏡の傾きを調節して,平面鏡の面が望遠鏡の光軸に完全に垂直になるようにすると,十字線と平面鏡からの反射光でできる十字線の像が完全に合致し,これは接眼鏡で観察される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone