コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキノキ科 カキノキかEbenaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カキノキ科
カキノキか
Ebenaceae

双子葉植物カキノキ目の1科。インド,マラヤ地域を中心に熱帯から暖温帯にかけて3属約 500種が知られる。高木または低木で,葉は全縁,革質の単純形,種によって互生対生輪生などさまざまである。花は葉腋につき,雌雄異株であるものが多い。萼片は花後も宿存し,果時にはいわゆる「へた」になる。おしべは花冠裂片の倍数,ときに非常に多数となる。カキ () は果樹として日本では普通であるが,同属の植物 (コクタン〈黒檀〉など) は通常,有用材を提供することで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カキノキ科の関連キーワードシナノガキ(信濃柿)ヤエヤマコクタンコクタン(黒檀)マメガキ(豆柿)カラマンダカキ(柿)コクタン常磐豆柿琉球烏木常盤豆柿古久太牟合弁花類琉球豆柿烏文木常盤柿千生柿貧乏柿信濃柿葡萄柿常磐柿

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android