黒檀(読み)こくたん

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐たん【黒檀】

〘名〙 カキノキ科カキノキ属の常緑高木。インド南部、スリランカ、マライ半島などに産する。高さ数十メートルに達する。葉は長さ約一〇センチメートルの長楕円形で短柄をもち互生。雌雄異花を同株につける。花は白い筒状で四裂し、雄花は群生し、雌花は雄花より大きく葉腋(ようえき)に単生する。果実は径約二センチメートルの球形、下部には半球状の萼(がく)が残存している。材は黒色で光沢があり堅くきめが細かいので、高級家具、装飾品、楽器、床柱などに用いる。うぶんぼく。エボニー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐たん【黒×檀】

カキノキ科の常緑高木。葉は楕円形。雄花は短い柄に群生し、雌花は葉の付け根に単生する。東南アジアの原産で、材は黒色で堅く光沢があり、家具などに珍重される。烏木(うぼく)。烏文木。
1木材の色。赤みがかった黒色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android