コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゴカキダイ カゴカキダイ Microcanthus strigatus

3件 の用語解説(カゴカキダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゴカキダイ
カゴカキダイ
Microcanthus strigatus

スズキ目イスズミ科の海水魚。全長 20cm。体は卵形で強く側扁し,黄色の地に数本の黒条が縦に走る。肉は食用とされる。沿岸の岩礁に生息し,本州中部以南,台湾,ハワイオーストラリアに分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カゴカキダイ

カゴカキダイ科の魚。地方名キョウゲンバカマなど。全長20cm。体は側扁し,黄褐色地に黒褐色の5本の縦じまが走る。本州中部〜ハワイ,オーストラリアに分布し,沿岸の岩礁間にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カゴカキダイ
かごかきだい / 籠舁鯛
sergeant
[学]Microcanthus strigatus

硬骨魚綱スズキカゴカキダイ科に属する海水魚。本州中部以南、台湾に分布。体は卵形で側扁(そくへん)し、黄色の地に5本の黒色縦帯が顕著である。色彩の豊かなチョウチョウウオ科に近縁であるが、鱗(うろこ)が小さいことや、幼期に頭部に肥大した骨板が生じないことなどで区別される。全長20センチメートルに達する。岩礁域にすみ早春に産卵し、幼魚は夏まで潮だまり(タイドプール)で成長する。成魚は群れで泳ぎ、エビ類、ゴカイ類などの底生動物を好んで食べる。体色の鮮やかなことと、飼育が比較的容易なことから観賞魚とされる。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カゴカキダイの関連キーワードイスズミ赤羽太疣鯛瘤鯛胡麻鯖雀鯛葉血引伊佐木ソコイトヨリ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カゴカキダイの関連情報