コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゴノキ(鹿子の木) カゴノキActinodaphne lancifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゴノキ(鹿子の木)
カゴノキ
Actinodaphne lancifolia

クスノキ科の常緑高木。別名コガノキ,カゴガシ,カノコガ。関東以西,台湾,朝鮮半島南部の暖地に生え,高さ 15mに達する。幹は平滑,淡紫黒色であるが,樹皮が円形薄片となって点々と脱落し,あとに鹿の子模様を残すためこの名がある。葉は有柄で互生し,革質,長楕円形で先がとがり,表面は暗緑色でなめらか,裏面はやや灰白色で細毛を密生する。夏,葉腋に密な散形花序をつけ,花序外部には鱗片がある。雌雄異株総包片は黄色で花弁状,花被は6裂する。雄花にはおしべが9本あり, (やく) は4室で内側に向く。果実は球形液果で,翌年の夏に赤く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android