コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノコガ カノコガAmata fortunei

4件 の用語解説(カノコガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノコガ
カノコガ
Amata fortunei

鱗翅目カノコガ科。前翅長 14~21mm。前翅は細長く,黒色地に6個の透明斑がある。後翅は小さく,黒色で,基部は広く透明。体も黒色で,腹部に黄色帯が2本ある。成虫は日中活動性で,6月と8月下旬~9月に発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カノコガ

鱗翅(りんし)目カノコガ科の1種。開張35mm内外,黒地に半透明紋があり,腹部に2本の黄帯がある。日本全土,朝鮮,中国に分布。幼虫はシロツメクサスギナなどを食べ,成虫は晩春と夏に,寒地では年1回夏に現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カノコガ【Amata fortunei】

鱗翅目カノコガ科の1種。幼虫はタンポポの葉を食べる黒色の毛虫で,成虫は開張3cm内外。翅が黒く,前翅に6個の透明紋があり,後翅の半分くらいが透明。体は青色光沢があり,二つの黄色帯がある。全国的に分布し,成虫は草地を低く飛ぶ昼飛性のガ。年2回発生し,幼虫で越冬する。日本には,この科は本種のほかキハダカノコツマキカノコの2種を産する。 カノコガ科Ctenuchidaeは熱帯に属種が多く,温帯から寒帯にはごく限られた種しか分布していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノコガ
かのこが / 鹿子蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目カノコガ科Ctenuchidaeの総称、またはそのなかの1種。この科の種は、はねの開張30~40ミリメートル内外の小形のガで、体翅とも細長く、ハチにやや似ており、昼間活動する。前後翅とも透明の紋をもつ種が多い。ほとんど全世界に分布しているが、熱帯地方に多く、ことに南アメリカには種数が多い。ハチやヒトリガの一部と紛らわしいほど似ているものが少なくないが、これらの昆虫と擬態関係をもつものと推定されている。世界に約3000種が知られているが、日本にはわずか3種しか分布していない。そのうち2種が本土に、1種が沖縄の八重山(やえやま)列島に産する。
 和名カノコガAmata fortuneiは、日本各地に分布するもっとも普通の種。はねの開張30~38ミリメートルで、黒褐色の地に透明な白斑(はくはん)を散在する。年2回、6~8月に出現し草原に多い。幼虫は毛虫状でタンポポの葉を食べる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カノコガの関連情報