コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサブブ カサブブ Kasavubu, Joseph

3件 の用語解説(カサブブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサブブ
カサブブ
Kasavubu, Joseph

[生]1910. レオポルドビルチェラ
[没]1969.3.24. ボア
コンゴ民主共和国の政治家。 1942年公務員となり,ベルギー植民地政府で,現地人に許された最高位に達した。 55年バコンゴ国民同盟 ABAKO党首。 60年独立コンゴ初代大統領となったが,コンゴ動乱が起り,P.ルムンバ,M.チョンベと対立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カサブブ(Joseph Kasavubu)

[1917~1969]コンゴの政治家。父は中国人。コンゴ独立運動を指導し、1960年の独立とともに初代大統領となったが、1965年モブツ将軍のクーデターにより失脚、追放された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサブブ
かさぶぶ
Joseph Kasavubu
(1917―1969)

ベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)出身の政治家。教員生活ののち政界に入り、1955年にバコンゴ人を基盤としたアバコ党(バコンゴ同盟)を組織してその党首となった。1960年の独立に際してコンゴ共和国(のちザイール共和国、現コンゴ民主共和国)の初代大統領に選ばれたが、もともと彼の思想はバコンゴをはじめとする各部族の自治権を大幅に認めようとする地方分権主義であったため、中央集権主義によって急速に国家統合を果たそうとするルムンバ首相と激しく対立し、第一次コンゴ動乱のさなか互いに相手の解任を宣言するという異常な事態を招いた。第一次動乱終結後、首相に就任したツォンベとも対立するなど波瀾(はらん)に満ちた政治生活を送ったが、1965年のモブツ将軍のクーデターで失脚した。[小田英郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサブブの関連キーワードオポルトザッヘルマゾッホレオポルドレオポルドビルグメリンレオポルド二世レオポルドの法則レオポルド[1世](トスカナ大公)レオポルド[2世](神聖ローマ皇帝)レオポルド[2世](トスカナ大公)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone