カサンドラ ウィルソン(英語表記)Cassandra Wilson

20世紀西洋人名事典の解説

カサンドラ ウィルソン
Cassandra Wilson


1955.12.4 -
ジャズ・ボーカリスト。
ミシシッピー州ジャクソン生まれ。
9才の頃からピアノとギターを学び、1975年にプロ入りした。ポップ・グループで活躍した後、’81年にニューオーリンズでアール・タービントンのグループに参加した。後にNYでウディ・ショウ、スティーブ・コールマンらと共演して評価を得た。代表作は、「ポイント・オブ・ビュー」「ブルー・スカイ」などである。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

カサンドラ ウィルソン
Cassandra Wilson


国籍
米国

専門
ジャズ歌手

生年月日
1955/12/4

出生地
ミシシッピ州ジャクソン

学歴
ミルサップス・カレッジ;ジャクソン・ステート・カレッジ

経歴
父はジャズ・ミュージシャン。6歳頃からピアノを習い始め、大学ではマスコミ論を学ぶ。ニューオーリンズでテレビの報道ADを経験後、ニューヨークに移り、20歳でプロのミュージシャンとなる。ブルース、フォーク、R&Bと多彩なレパートリーを歌ううちにジャズと出会う。1981年ニューオーリンズに戻り、アール・タービントンのグループに参加。短期間活動した後、’86年ソロデビュー。再びニューヨークに進出し、多くのジャズメンと共演、現代ジャズ界で最高のボーカリストの一人といわれる。’97年「ニュームーン・ドーター」でグラミー賞最優秀ジャズボーカル・アルバム部門を受賞。’99年マイルス・デービス追悼盤のアルバム「トラヴェリング・マイルス」を発表、日本でもヒットする。他の作品に「Point of View」「Days Aweigh」「Blue Skies」「Jump World」「ブルーライト」「グラマード」「サンダーバード」などがある。

受賞
ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞(1993年度)「ブルー・ライト」;グラミー賞(ジャズボーカル・アルバム部門,第39回)〔1996年〕「ニュームーン・ドーター」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android