カッスルメーン(英語表記)Castlemaine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッスルメーン
Castlemaine

オーストラリア,ビクトリア州中部,メルボルン北西 120kmにある町。 1850年代のゴールドラッシュ時代の代表的な金鉱町で,当時は人口3万に達した。その後周囲の農牧業の発展や馬車製造などに支えられてきたが,現在は農牧産品の集散地および商工業中心地。人口 6812 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android