カットオフ条約(読み)かっとおふじょうやく(英語表記)Convention Banning the Production of Fissile Material for Weapon Purposes(Fissile Material Cut‐off Treaty)

デジタル大辞泉の解説

カットオフ‐じょうやく〔‐デウヤク〕【カットオフ条約】

《「核兵器用核分裂性物質生産禁止条約」の通称》核兵器用の高濃縮ウランプルトニウムなどの生産を禁止する条約。1993年米国のクリントン大統領が提案、1995年ジュネーブ軍縮会議(CD)でFMCT特別委員会の設置が合意されたが、加盟各国の思惑が絡んで中断。交渉は進んでいない。FMCT(Fissile Material Cut-off Treaty)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android