カツオ・マグロ漁船(読み)かつおまぐろぎょせん

世界大百科事典 第2版の解説

かつおまぐろぎょせん【カツオ・マグロ漁船】

カツオ一本釣りとマグロはえなわ(延縄)を行う漁船の総称。以前は1隻の漁船により3~4月ころから10月ころまでのカツオ一本釣り漁,11月ころから3月ころまでのマグロはえなわ漁を行っていた。
カツオ一本釣り漁船]
 船の大きさは20トンから500トンくらいまでさまざまであるが,100トン以上の大型船はほとんど鋼船である。小型船はほとんど木船であったが,資材,人手不足などの関係からFRP(強化プラスチック)で作られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android