コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カディマ かでぃま

3件 の用語解説(カディマの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

カディマ

2005年11月にイスラエルの当時の与党リクードの党首であったシャロン首相が創設した新政党。ヘブライ語で「前進」を意味する。ヨルダン川西岸パレスチナ人の人口密集地からの一方的な撤退を主張した。将来のパレスチナ国家との国境線として想定されているのが、シャロン政権の下で始められた分離壁である。06年1月にシャロンが意識を失った後は、オルメルトエルサレム市長が党首代理となり、3月の総選挙では第1党となった。5月には第2党となった労働党などと連立政権を樹立した。しかし、7月から8月にかけての対ヒズボラ作戦は失敗であったとの見方が広がっており、政権の基盤が揺らいでいる。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カディマ

シャロン首相が昨年11月にリクードを離党し、同党や労働党などから議員を集めて結成。党名はヘブライ語で「前進」の意味がある。占領地からの撤退に反対するリクードに見切りをつけ、パレスチナとの「国境」を画定する「土台づくりに取り組む」ためといわれている。今年1月初めにシャロン氏が意識不明の重体に陥り、同氏1人の人気に頼って右から左までが寄せ集まった「カクテル政党」の崩壊が懸念されたが、オルメルト首相代行の下で結束を維持している。

(2006-03-29 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カディマ(Kadima)

イスラエル中道政党。2005年に首相シャロンが党首を務めていたリクードから集団離党し、労働党の一部と合流し結党。翌年の選挙で第一党となり、労働党などと連立政権を組んだが、その後、分裂・衰微した。
[補説]ヘブライ語で前進の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カディマの関連キーワードイスラエルのアラブ人時のイスラエルロビー希伯来イスラエル交響曲イスラエル室内管弦楽団イスラエル‐カーターの定理イスラエルのガザ封鎖ガザ停戦イスラエルの民

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone