コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドリーユ カドリーユquadrille

翻訳|quadrille

4件 の用語解説(カドリーユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カドリーユ
カドリーユ
quadrille

舞踊用語。本来の意味は「群」,「一団」。 (1) 舞踊家の階級の一つ。上位の第1カドリーユと下位の第2カドリーユに分けられる。カドリーユは必ずグループで踊り,群舞や総踊りに登場する。 (2) 17世紀の作曲家 A.カンプラや J.リュリフランス宮廷バレエで用いたアントレ (入場シーン) の一種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カドリーユ

男女が方形に組んで踊る社交ダンス,その舞曲。17―18世紀にイタリアとフランスにこの名の舞踊が舞台に現れているが,集団的な社交ダンスとして踊られたのは18世紀末―19世紀である。
→関連項目カントリー・ダンススクエア・ダンス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カドリーユ
かどりーゆ
quadrilleフランス語

19世紀初頭、ナポレオン1世の宮廷から広まった舞踊。4組の男女が方形で踊るコントルダンスが下火になったとき、いつも数種だけが同じ順序で踊られるようになり、これらをまとめてquadrille de contredanses、略してカドリーユとよんだのに始まる。一般にはle pantalon, l't, la poule, la pastourelle, la finaleの5種の型からなり(第4番目にle trnisが挿入されることもある)、音楽には当時の流行歌やオペラの旋律が用いられた。2/4拍子または6/8拍子(第3曲、ときに第1曲)で、生き生きとした8小節単位の主題が反復される。日本にも明治時代に導入され鹿鳴館(ろくめいかん)で踊られた。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカドリーユの言及

【社交ダンス】より

…また中世のヨーロッパでは,農民の踊る荒々しい踊りは身分の高い男女にはふさわしくないとされた。宮廷では,ゆったりとした音楽による,踊りの規則のやかましいものへと変化して,優雅なメヌエット,ガボット,カドリーユなどが生まれた。フランス革命後,宮廷での儀式的なものより庶民的な踊りが好まれるようになり,古くからオーストリアの山岳地方で行われていた舞踊レントラーLändlerがしだいにワルツに発展,ウィーンを中心にヨーロッパ全域へと爆発的な流行をもたらした。…

【バレエ】より

…爪先で立つことをもいい,必ずしも跳躍を伴うとは限らない。カドリーユquadrilleパリ・オペラ座における踊り手の地位の最下位のもの。群舞を踊る踊り手でコリフェとともに他の国でいうコール・ド・バレエを形成する。…

※「カドリーユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone