カニューレ(英語表記)cannula

  • 〈ドイツ〉Kanüle

翻訳|cannula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生体の心臓血管気管,または切り口,傷口など管状の部分に挿入する,やや太めのをいう。体液吸引薬液注入などに用いる。材質はガラス,金属プラスチックなど。気管切開手術後に切開部から気管内に挿入して気道の確保,出血や分泌物の吸引などに用いる管を,特に気管カニューレという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Kanüle) 医療器具で、呼吸を助けたり、身体の中の液体を抜いたり、薬を入れたりするために身体にさし込む管。挿管。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカニューレの言及

【気管切開術】より

…前頸部を切開し,気管の前壁に穴をあけて,気道を確保する手術。あけた穴は気管口(気管切開口)とよばれ,そこからカニューレという管を入れて,気管口が閉じないようにしておく。気道の狭窄による呼吸困難をはじめ,下気道疾患,麻痺性の呼吸障害などのときや,さらには大手術の際の気道の確保のためなどに行われる。…

※「カニューレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android