コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニューレ cannula

翻訳|cannula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニューレ
cannula

生体の心臓,血,気管,または切り口,傷口など管状の部分に挿入する,やや太めの管をいう。体液吸引薬液注入などに用いる。材質はガラス,金属,プラスチックなど。気管切開手術後に切開部から気管内に挿入して気道の確保,出血や分泌物の吸引などに用いる管を,特に気管カニューレという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カニューレ(〈ドイツ〉Kanüle)

体腔・血管内などに挿入し、液の注入や体液の排出、気管切開の際の空気の通路とする場合などに用いるパイプ状の療器具。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カニューレ【Kanüle】

〘医〙 呼吸を助けたり、薬を注入したりするために体内にさしこむ管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカニューレの言及

【気管切開術】より

…前頸部を切開し,気管の前壁に穴をあけて,気道を確保する手術。あけた穴は気管口(気管切開口)とよばれ,そこからカニューレという管を入れて,気管口が閉じないようにしておく。気道の狭窄による呼吸困難をはじめ,下気道疾患,麻痺性の呼吸障害などのときや,さらには大手術の際の気道の確保のためなどに行われる。…

※「カニューレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カニューレの関連キーワードヴェルネル・テオドール・オットー フォルスマンサントリオ脂肪吸引法ブルトノー気管切開術酸素吸入呼吸体腔血圧体内生体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カニューレの関連情報