コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノツメソウ カノツメソウ

3件 の用語解説(カノツメソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノツメソウ
カノツメソウ

「ダケゼリ (岳芹)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カノツメソウ【Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitagawa】

山の木陰に生えるセリ科の多年草イラスト)。和名は鹿の爪草の意で,数本の太く短い根を鹿の爪に見立てたものである。山地に生えるのでダケゼリ(岳芹)ともよばれる。茎は高さ50~80cm,やや細くて直立し,上部でわずかに花序をつけた枝を出す。葉は互生して葉柄があり,3出2回羽状複葉である。葉面は主な脈上と縁にだけ毛がある。8~9月ころ,茎の先に少数の複散形花序をつけて白い小さい花を多数つける。果実は長卵形で長さ4~5mm,先に三角形の萼歯が立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノツメソウ
かのつめそう / 鹿爪草
[学]Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitag.

セリ科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル。上部の茎葉は1回3出複葉で、小葉の先端は長くとがる。花は白色で、8~10月、小形の複散形花序につく。果実は長楕円(ちょうだえん)形で表面はやや平滑。直立する三角形の萼(がく)が果実の先端に残ることがカノツメソウ属の特徴である。山地の木陰に生え、北海道から九州に分布する。根の形にちなんでこの名があるが、山地に生えるセリの意味でダケゼリの名もある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カノツメソウの関連キーワード延齢草金蘭銀蘭采配蘭沢瑠璃草白糸草谷桔梗縮笹燕万年青ウマノミツバ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone