コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノツメソウ Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitagawa

世界大百科事典 第2版の解説

カノツメソウ【Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitagawa】

山の木陰に生えるセリ科多年草イラスト)。和名鹿の爪草の意で,数本の太く短い根を鹿の爪に見立てたものである。山地に生えるのでダケゼリ(岳芹)ともよばれる。は高さ50~80cm,やや細くて直立し,上部でわずかに花序をつけた枝を出す。葉は互生して葉柄があり,3出2回羽状複葉である。葉面は主な脈上と縁にだけ毛がある。8~9月ころ,茎の先に少数複散形花序をつけて白い小さい花を多数つける。果実は長卵形で長さ4~5mm,先に三角形の萼歯が立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノツメソウ

ダケゼリ(岳芹)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノツメソウ
かのつめそう / 鹿爪草
[学]Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitag.

セリ科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル。上部の茎葉は1回3出複葉で、小葉の先端は長くとがる。花は白色で、8~10月、小形の複散形花序につく。果実は長楕円(ちょうだえん)形で表面はやや平滑。直立する三角形の萼(がく)が果実の先端に残ることがカノツメソウ属の特徴である。山地の木陰に生え、北海道から九州に分布する。根の形にちなんでこの名があるが、山地に生えるセリの意味でダケゼリの名もある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カノツメソウの関連キーワードヒカゲミツバ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android