カピッツァ抵抗(読み)カピッツァていこう(英語表記)Kapitsa resistance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピッツァ抵抗
カピッツァていこう
Kapitsa resistance

界面熱抵抗ともいう。異なる物質が完全に接しているとき,一方の物質に熱を加えると熱の流れが生じて2つの物質内で温度勾配が生じるだけでなく,その境界面で温度の「とび」が生じる。境界面を流れる熱量を Q ,そこでの温度のとびを ΔT ,境界面の面積を S とすると,カピッツァ抵抗 RK は,RKSΔT/Q で定義される。狭義には液体ヘリウムと固体の間の RK をカピッツァ抵抗ともいう。 1941年 P. L.カピッツァが,超流動ヘリウム4と銅の境界面で温度のとびが生じることを初めて報告した。一般に温度が低くなるにつれて,RK は大きくなり (液体ヘリウム3とセシウムマグネシウム硝酸塩間の RK は例外) ,数十 mK 以下の極低温で物質を冷却するときの冷却効果や到達温度を決める重要な要因をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

カピッツァ抵抗【Kapitza resistance】

一般に密度の異なる物質間で熱伝導が起こる場合,その境界面に出現する熱抵抗をいう.境界を挟んでの温度差を ⊿T,境界を通じての熱流を dQ/dt としたとき,dQ/dt=⊿T/RK として定義される RK をカピッツァ抵抗という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のカピッツァ抵抗の言及

【カピッツァ】より

…また0.1K以下の液体ヘリウムと接触している物質の,液体ヘリウムとの熱伝導が計算から期待されるよりも1/10以下と小さいことを見いだした。この現象を熱伝導におけるカピッツァ抵抗という。 第2次世界大戦中は原子力開発に従事する一方,タービン膨張機を用いた液化機の開発に成功した。…

※「カピッツァ抵抗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android