カマラーン[島](英語表記)Jazīra Kamarān

世界大百科事典 第2版の解説

カマラーン[島]【Jazīra Kamarān】

紅海南東部にあるイエメン領の島。面積57km2,人口約2200。漁業を主とし,おもな産物は魚の干物。1915年イギリス領となり,67年から旧南イエメン領。イギリス統治時代にはメッカ巡礼者の中継基地としてにぎわい,飛行場や検疫所もあったが,現在は軍事施設が置かれ一般人の立入禁止となっている。島にはオスマン帝国時代の砦や城壁の跡が残っている。【塩尻 和子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android