コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマンベール 〈フランス〉camembert

世界大百科事典 第2版の解説

カマンベール【Camembert】

フランス北西部,ノルマンディー地方のオルヌ県小村。人口176(1975)。転じてチーズの名として知られる。牛乳を原料とし,表皮が白く,中は黄色がかったクリーム色の,ほどよい香りのする柔らかいチーズで,通常,木の折または紙製の丸い箱に入っている。重さは200~300gくらい。イチョウ形にナイフで切って,皮ごと食べる。脂肪分は40~45%。フランス・チーズの生産高(年産約90万t)の20%を占め,第1位。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カマンベール【camembert】

〔フランスのノルマンディー地方の地名から〕
チーズの一種。独特の白カビを生やして熟成させる。軟らかく、特有の芳香がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カマンベールの関連キーワード明治北海道十勝カマンベールチーズ明治カマンベール入り 6Pチーズcamembert cheeseカマンベール・ド・ノルマンディーナチュラルチーズの種類と特徴クラフトスライスチーズクラフトとろけるチーズクラフト切れてるチーズチーズクリームクッキーヌフシャーテルチーズ地理的表示保護制度クラフト6Pチーズ雪印6Pチーズシロカビチーズソフトチーズフランス料理Cheezaチーズビットチーズボール軟質チーズ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カマンベールの関連情報