コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメフジツボ Chelonibia testudinaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメフジツボ
Chelonibia testudinaria

顎脚綱無柄目フジツボ科の海産動物。殻の長径は約 8cmに達するが,高さは 3cmほど。殻は白色で,6枚の重厚な殻板からなる。ウミガメ類の甲につくフジツボ(→フジツボ類)で,熱帯海域から温帯海域に広く分布する。(→顎脚類甲殻類節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カメフジツボ【Chelonibia testudinaria】

アカウミガメなど,ウミガメ類の甲羅に着生する背の低い円錐形をした,白みを帯びた淡色の大型フジツボ(イラスト)。甲殻綱フジツボ科。直径約8cm,高さ3cmくらいになる。4大洋の熱帯~亜熱帯の海域に広く分布している。ほかに殻の表面に縦線のあるスジイリカメフジツボC.carettaが知られている。動物の体表に着生するフジツボには,ほかにガザミ(カニ)の甲に着生するガザミフジツボC.patula,クジラの皮膚に半ば埋もれて着生するオニフジツボCoronula diademaなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カメフジツボの関連キーワードアカウミガメ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android