コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ・オブスクラ カメラオブスクラ

1件 の用語解説(カメラ・オブスクラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カメラ・オブスクラ

ラテン語で〈暗い部屋〉の意で,カメラ(写真機)の語源。密閉した部屋の一方の壁に穴をあければ,外景が他の側の壁上に倒立して映る。16世紀以前よりこの原理は知られ,これを小型化した道具が絵のスケッチに使われていた。
→関連項目写真ダゲールタルボット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラ・オブスクラの関連キーワード回勅フロララテン文学薄暗い空き部屋オンカメラカメラオブスキュラ自動焦点カメラ羅甸110カメラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カメラ・オブスクラの関連情報