コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラジョルジェ・ペトロビッチ Karađorđe Petrović

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラジョルジェ・ペトロビッチ
Karađorđe Petrović

[生]1762.11.14. ビシェバツ
[没]1817.7.25. ラドバニェ
第1次セルビア蜂起の指導者,カラジョルジェビッチ家の開祖。本名はジョルジェで,髪の色が黒かったのでジョルジェ・ツルニ(ジョルジェ黒侯)あるいはカラ(黒い)ジョルジェと呼ばれた。モンテネグロの農民出身。オーストリアに移住して軍人となり,オーストリア=トルコ戦争ではセルビア人の義勇軍を率いてオスマン帝国軍と戦った。のち郷里に戻り,養豚業で財をなしたが,1804年イェニチェリに対するセルビア人の反乱が勃発するや指導者に選ばれ,オスマン帝国軍を破ってベオグラードを占領した。1806年露土戦争の勃発を利用して自治を回復したが,1812年の休戦とともにオスマン帝国の圧力が高まり,1813年ベッサラビアに亡命した。バルカン諸民族の全面的な蜂起を準備するため 1817年ひそかに帰国したが,敵対するミロシュ・オブレノビッチ1世によって暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カラジョルジェ・ペトロビッチの関連キーワードオブラードビッチペタル1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android