コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーラ カラーラ Carrara

3件 の用語解説(カラーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラーラ
カラーラ
Carrara

イタリア中西部,トスカナ州マッサカラーラ県の都市。フィレンツェ北西約 100kmにある。鉄道の終点で,大理石工業が盛ん。有名なカラーラの大理石は,この付近で加工され,マリーナディカラーラから世界中に輸出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カラーラ(Carrara)

カッラーラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カラーラ【Carrara】

イタリア北西部,トスカナ州の町。人口6万8480(1990)。リグリア海に臨む高台に発達した,中世の面影をとどめる町で,古くから大理石の産出地として世界に知られる。彫刻家ミケランジェロも大理石の選択や彫刻作業のため,しばしばカラーラに滞在した。郊外にあるコロンナータ,ファンティスクリッティ,カンポ・チェーチナ採石場で現在も採掘され,加工されている。【町田 亘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカラーラの言及

【マッサ】より

…人口6万7780(1990)。アプアーネ・アルプス山ろくの標高65mに位置し,町の北7kmにあるカラーラで産出される大理石の取引が行われている。11世紀に町はオベルデンギ家に支配され,城が築かれた。…

※「カラーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラーラの関連キーワードピストイアクラニスカゴラフィナーレ・リーグレベンティミーリアポルト・アッズッロポルトフェッライオリオ・マリーナイタリアワインエルバ[島]トスカナ[州]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラーラの関連情報