コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ・ホト Khara Khoto

世界大百科事典 第2版の解説

カラ・ホト【Khara Khoto】

中国内モンゴル自治区エチナ(額斉納)旗にある西夏の都城。モンゴル語で〈黒い都城〉の意。黒水城ともいわれる。1908年,ロシアのコズロフ探検隊によって最初に調査された。1辺400m前後の四辺形で,城壁は高さ9m。北西隅にチベット式の仏塔(スプルガン)がある。東と西に門があり,城内西半は瓦をふいた寺院,官衙が多いが,東半の建物には瓦がなく,木をわたして粘土をふいている。城の北東には鉄の製錬所がある。東門より東西方向にのびる商業通りからは,絹織物毛織物,帽子,靴などが発見され,西夏,金,元の貨幣や元の紙幣である宝鈔も見つかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカラ・ホトの言及

【コズロフ】より

…1899‐1901年みずからモンゴル・チベット探検隊を主宰し,その成果を《モンゴリアとカム》8巻(1905‐08)として刊行。1907‐09年モンゴル・四川探検隊を主宰し,ゴビ砂漠中に西夏時代の廃都カラ・ホトを発見,2000巻に及ぶ西夏語,漢文書籍を収集した。その探検の成果は彼の著《モンゴリアとアムドおよび死の都カラ・ホト》(1923)として発表された。…

【来迎図】より

…とくに431窟南壁の九品往生図は観経変中のその部分を独立して描いたもので,九品来迎図の早期(7世紀)の遺品として注目される。浄土信仰の盛んであった7,8世紀の中原の来迎図については遺品がまったくなく,不明というほかはないが,西域では引き続き浄土信仰が盛んであったとみえ,カラ・ホトの地から11~12世紀ごろの来迎図が発見されており,この方面における浄土信仰の状況をうかがうことができる。しかし大陸における阿弥陀浄土信仰は造形芸術の面では阿弥陀浄土変が主流をなし,来迎図に関しては必ずしも顕著な展開を見なかったものであり,来迎図の隆盛は日本固有のものといっても過言でない。…

※「カラ・ホト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラ・ホトの関連キーワードピョートル コズロフ西夏文字スタイン木簡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android