コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリガラス カリガラス

2件 の用語解説(カリガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カリ‐ガラス

《〈和〉kali〈オランダ〉+glas〈オランダ〉》ナトリウムよりもカリウムを多く含有するソーダガラス屈折率が増し、不純物による着色がないので、クリスタルガラス光学ガラス理化学用ガラスなどに利用。カリ石灰ガラス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリガラス
かりがらす
potash glass英語
Kaliglasドイツ語

カリウム酸化物の含有量がとくに高いガラス。一般のガラスは二酸化ケイ素主成分とし、これにアルカリ金属酸化物とアルカリ土類酸化物とを加えた組成からできている。アルカリ金属はナトリウムカリウムが主で、両者はほぼ似たような効果をガラスの性質に与えるので、多くの場合には安価なナトリウム酸化物が使われる。しかし、高屈折率を生命とするクリスタルガラスや特殊な色ガラスにはカリウム酸化物の含有率がとくに高い例がある。歴史的には、木灰を用いてつくられたボヘミアンガラスがカリガラスとして有名である。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カリガラスの関連キーワード加里硝子アルカリカーリーの歌アルカリグティ人ユガアクリルガラスゲージガラスデッキガラス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone