コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリヌス Carinus, Marcus Aurelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリヌス
Carinus, Marcus Aurelius

[生]?
[没]285. マルグス川
ローマ皇帝 (在位 283~285) 。 282年カエサルの称号を帯びて父帝カルスの命によりラインの軍隊に派遣された。翌年夏,父の死によって東部の皇帝となり,西部の皇帝には弟のヌメリアヌスがなった。しかしやがてヌメリアヌスの跡を継いだディオクレチアヌスと交戦中,部下の軍隊に暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カリヌスの関連キーワード期間プトレマイオス(2世)アジア女性基金沸騰水型軽水炉BWR圧力容器年齢制限(女子テニスの)鳥谷敬金本知憲凱旋門賞

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android