コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリポス周期 カリポスしゅうきKallippos period

世界大百科事典 第2版の解説

カリポスしゅうき【カリポス周期 Kallippos period】

2万7759日の周期。前334年にギリシアのカリポス(キュジコスの)の考案した周期で,76年に28回の閏(うるう)月を置き76年=940暦月とし,その総日数を2万7759日とする。したがって1年は365.25日,1暦月は29.53085日となる。太陰太陽暦太陽年と朔望月(さくぼうげつ)をいかにうまく組み合わすかという問題に対する一つの解答で76年法と呼ばれた。中国でも前5世紀ごろには知られそのころ用いられていた四分暦にとり入れられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリポス周期
かりぽすしゅうき
Callipus cycle

太陰太陽暦法で用いられる一つの周期。紀元前334年ギリシアのカリポスCallipusによってみいだされた。メトン周期の4倍76暦年に28回の閏(うるう)月を挿入して940か月を2万7759日とするもので、この日数の周期をカリポス周期といい、季節と朔望(さくぼう)の関係は暦のうえでは完全に元に戻る。76年法ともいう。カリポス周期を用いると、1太陽年の長さは27759÷76=365.25日となる。中国では、この端数が1日の4分の1であることから、この暦法を四分暦と称し、前漢太初元年(前104)にいったん廃したが、後漢(ごかん)章帝の元和2年(後85)からふたたび採用され、136年間にわたって用いられた。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カリポス周期の関連キーワードギリシア暦カリポス法

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android