コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリポス周期 カリポスしゅうき Kallippos period

2件 の用語解説(カリポス周期の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カリポスしゅうき【カリポス周期 Kallippos period】

2万7759日の周期。前334年にギリシアカリポス(キュジコスの)の考案した周期で,76年に28回の閏(うるう)月を置き76年=940暦月とし,その総日数を2万7759日とする。したがって1年は365.25日,1暦月は29.53085日となる。太陰太陽暦太陽年と朔望月(さくぼうげつ)をいかにうまく組み合わすかという問題に対する一つの解答で76年法と呼ばれた。中国でも前5世紀ごろには知られそのころ用いられていた四分暦にとり入れられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリポス周期
かりぽすしゅうき
Callipus cycle

太陰太陽暦法で用いられる一つの周期。紀元前334年ギリシアのカリポスCallipusによってみいだされた。メトン周期の4倍76暦年に28回の閏(うるう)月を挿入して940か月を2万7759日とするもので、この日数の周期をカリポス周期といい、季節と朔望(さくぼう)の関係は暦のうえでは完全に元に戻る。76年法ともいう。カリポス周期を用いると、1太陽年の長さは27759÷76=365.25日となる。中国では、この端数が1日の4分の1であることから、この暦法を四分暦と称し、前漢太初元年(前104)にいったん廃したが、後漢(ごかん)章帝の元和2年(後85)からふたたび採用され、136年間にわたって用いられた。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリポス周期の関連キーワード周期メトン周期ギリシャ哲学ギリシャ文字サロス周期握り拳握り締める握り箸握り屁取縛る

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone