コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリマタ海峡 カリマタかいきょうSelat Karimata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリマタ海峡
カリマタかいきょう
Selat Karimata

インドネシア,ボルネオ島カリマンタン西部とブリトゥン島の間の海峡。ジャワ海南シナ海とを結ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリマタかいきょう【カリマタ海峡 Selat Karimata】

インドネシア中央部,南シナ海とジャワ海を結ぶ海峡で,ボルネオ島南西岸と,バンカ,ビリトン両島の間にある。ジャワ海東部とマレー半島あるいは中国方面とを往来する船の常用水路である。海峡には多くの小島や礁が分布するため航行は難しく,大船はボルネオ寄りのコースをとる。潮流は一般に強くない。1292年クビライのジャワ遠征艦隊の通った通路としても知られる。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリマタ海峡
かりまたかいきょう
Selat Karimata

インドネシア西部、カリマンタン(ボルネオ島)とビリトゥン、バンカ両島との間の海峡。南シナ海とジャワ海を結ぶ。水深は全体的に小さく、とくにビリトゥン島沿いには数多くの小島やサンゴ礁がある。このため航路は、比較的水深の大きいカリマンタン沿いが主となる。海流は季節風の影響を大きく受ける。海峡の北東部にはカリマタ島をはじめ約60の島からなるカリマタ諸島が散在する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カリマタ海峡の関連キーワードカリマンタンバラット州バンカブリトゥン州インドネシアスカダナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android