カリマタ海峡(読み)カリマタかいきょう(英語表記)Selat Karimata

世界大百科事典 第2版の解説

カリマタかいきょう【カリマタ海峡 Selat Karimata】

インドネシア中央部,南シナ海とジャワ海を結ぶ海峡で,ボルネオ島南西岸と,バンカ,ビリトン両島の間にある。ジャワ海東部とマレー半島あるいは中国方面とを往来する船の常用水路である。海峡には多くの小島や礁が分布するため航行は難しく,大船はボルネオ寄りのコースをとる。潮流は一般に強くない。1292年クビライのジャワ遠征艦隊の通った通路としても知られる。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリマタ海峡
かりまたかいきょう
Selat Karimata

インドネシア西部、カリマンタン(ボルネオ島)とビリトゥン、バンカ両島との間の海峡。南シナ海とジャワ海を結ぶ。水深は全体的に小さく、とくにビリトゥン島沿いには数多くの小島やサンゴ礁がある。このため航路は、比較的水深の大きいカリマンタン沿いが主となる。海流は季節風の影響を大きく受ける。海峡の北東部にはカリマタ島をはじめ約60の島からなるカリマタ諸島が散在する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android