カリミョウバン(明礬)(読み)カリみょうばん

百科事典マイペディアの解説

化学式はKAl(SO42・12H2OまたはK2SO4・Al2(SO43・24H2O。比重1.757。正八面体,無色の結晶。熱すると結晶水に溶ける(92℃)。水によく溶け,水溶液は幾分酸性。媒染剤,顔料,サイジング(紙などの耐水性向上),皮のなめし,水の清澄剤,医薬品などに用いられる。一般にミョウバンというとこれをさす。ミョウバン石を焼いたのち硫酸を加えて析出させる。→焼ミョウバン
→関連項目クロムミョウバン(明礬)ミョウバン(明礬)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のカリミョウバン(明礬)の言及

【ミョウバン(明礬)】より

…なお〈明礬〉は〈透明な礬類〉の意である。
[種類]
 前述のように単にミョウバンというときは,MI=K,MIII=Alのアルミニウムカリウムミョウバンを指すが,MIII=Alのときはアルミニウムを省略してカリウムミョウバン(あるいはカリミョウバン)のように呼ぶことが多い。MI=NH4のときがアンモニウムミョウバン(古くはアンモニアミョウバンといった)などである。…

※「カリミョウバン(明礬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android