サイジング(英語表記)sizing

翻訳|sizing

百科事典マイペディアの解説

サイジング

製紙作業の一つ。紙の液体を吸収する性質をおさえるために,パルプまたは紙にコロイド物質(サイズ)を加え,繊維の表面や繊維間のすきまをおおうようにすること。筆記用紙の製造では,インキがにじまぬようにするため,この作業が特に重要。
→関連項目工業用セッケン(石鹸)吸取紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイジング【sizing】


【製紙工業のサイジング】
 紙および板紙への液体の浸透に抵抗性を与えるために,耐水性向上剤(サイズsizeまたはサイズ剤という)を抄紙工程の際に原料に加えるか,あるいは紙の表面に塗ること。前者を内面サイジングまたはエンジンサイジング,後者を表面サイジングまたはタブサイジングと呼ぶ。
内面サイジング
 和紙ではトロロアオイの根から抽出した〈ねり〉を加えて抄紙するので,それが部分的にサイズの役割を果たしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サイジング

〘名〙 (sizing)
洋紙の製造工程において、パルプにコロイド物質を加えて紙繊維の表面やすき間をおおい、液体やインクがにじまないようにする操作。サイズ剤としてはロジンなどがある。〔児童工業物語(1928)〕
② 繊維工業で、のり付け作業のことをいう。〔織物及莫大小に関する調査(1925)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサイジングの言及

【紙】より

…塡料にはクレー(白土),カオリン,酸化チタン,タルクなどが用いられるが,タバコの巻紙には炭酸カルシウムが30%近く加えられる。さらに紙への液体の浸透を調節するため紙の表面や内部の穴をサイズと呼ばれる耐水性膠質物(こうしつぶつ)でふさぐ操作(サイジング)を行う。にかわ,デンプンなどを表面に塗布する表面サイズと,松やになどから作るロジンサイズを少量加える内面サイズがあるが,内面サイズの方が簡単で安価なため一般に広く行われている。…

※「サイジング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android