コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリムノス島 カリムノスとう Nísos Kálimnos

2件 の用語解説(カリムノス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリムノス島
カリムノスとう
Nísos Kálimnos

ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島北部の島。コス島の北,トルコ南西岸沖約 20kmに位置する。南岸に中心集落カリムノスがある。 1522~1912年トルコ領。その後 30年以上イタリアによる支配が続いたが,住民はイタリア化に抵抗,第2次世界大戦中多数がトルコへ逃げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カリムノス‐とう〔‐タウ〕【カリムノス島】

KalymnosΚάλυμνος》ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶ島。イタリア語名カリノ島。ドデカネス諸島に属し、トルコ本土のボドルム半島の先、レロス島とコス島の間に位置する。中心地はポティア(カリムノス)。東ローマ帝国ベネチア共和国の支配の後、聖ヨハネ騎士団に統治され、16世紀よりオスマン帝国領。イタリアトルコ戦争でイタリア領になり、1947年にギリシャに返還された。海綿業が盛ん。近年はロッククライミングの名所として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリムノス島の関連キーワードリムノス島レムノス島アガメムノンの墓オモニア広場ΟλυμπίαΌλυμποςΓλυφάδαΚοσκινούΜύκονοςΡέθυμνο

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリムノス島の関連情報