カリーム・ハーン・ザンド(英語表記)Karīm Khān Zand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリーム・ハーン・ザンド
Karīm Khān Zand

[生]?
[没]1779
イラン,ザンド朝の創始者 (在位 1757~79) 。ルル族傍系のザンド族の長であったが,アフシャール朝ナーディル・シャー暗殺後の混乱のなかに頭角を現し,カージャール族,アフシャール朝,アフガン族に対抗。シーラーズを本拠として 1760年代にはホラーサーンを除く全イランを支配下に収めた。しかし,彼はサファビー朝の末裔を王位につけ,みずからは終生執政 wakīlの称号を維持した。商業,工芸,農業の発展に努めると同時に,外国との交易を奨励して,ヨーロッパ諸国,特にイギリスとの経済関係を強化,また 76年にはオスマン帝国のペルシア湾における商業権を奪回すべくバスラを奪った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android