コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルコゲン カルコゲンchalcogens

2件 の用語解説(カルコゲンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルコゲン(chalcogens)

《鉱物を生じる元素の意》酸素族元素である酸素硫黄セレンテルルポロニウムの五つの元素の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カルコゲン【chalcogens】

周期表周期表第VI族(第VIB族)に属する,酸素O,硫黄S,セレンSe,テルルTe,ポロニウムPoの5元素の総称。酸素族元素element of oxygen familyともいう。ポロニウムは放射性であり,また酸素は他の元素と性質がかなり異なるので,これらを除く3元素,硫黄族元素element of sulfur familyを呼ぶこともある。これら3元素は金属元素と化合して多くの特徴的な鉱石をつくるので,〈鉱石をつくる元素〉を意味するギリシア語をとって命名された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone