コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルステンス カルステンス Carstens, Asmus Jacob

2件 の用語解説(カルステンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルステンス
カルステンス
Carstens, Asmus Jacob

[生]1754.5.10. シュレースウィヒ近郊ザンクトユルゲン
[没]1798.5.26. ローマ
ドイツの歴史画,肖像画家。 1776~83年コペンハーゲンアカデミーに学ぶ。リューベックベルリンに滞在したが,イタリア美術に憧れ 92年にはローマにおもむく。 G.ロマーノレオナルドダ・ビンチミケランジェロラファエロの絵画から得た古典的様式と精神を 18世紀後半のドイツ芸術に導入し,古典主義 (→新古典主義美術 ) の指導者となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カルステンス【Asmus Jakob Carstens】

1754‐98
デンマーク出身の画家。半ば独学で絵画の技術を習得。ドイツやイタリアを旅行後,1790年ベルリン・アカデミー教授となる。92年より同校の奨学金でローマに留学し,同地で没。古代芸術やミケランジェロに多く学び,技術的欠陥を残しつつもロココ的古典主義を超克し,簡潔で力強い新古典主義へ向かう。作品には,古代神話や文学作品に主題をとった黒白チョークによるカルトンが多い。〈私の能力は神から授かったもので他には義務を負わない〉との宣言を発したことでも知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルステンスの関連キーワードホルシュタインシュレーゲル青蛙シュレーディンガー方程式シュレースウィヒホルシュタインシュレーマン一世フレミッシュレースシュレスウィヒシュレスウィヒ・ホルシュタイン問題スリースウィー問題レギュレーターリカバリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルステンスの関連情報