コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄伝 えいゆうでんBioi Parallēloi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英雄伝
えいゆうでん
Bioi Parallēloi

ギリシアの倫理学者,伝記作家プルタルコスの伝記集。2世紀の初め頃成立。原名は『対比列伝』の意。ギリシアの傑出した政治家や軍人の生涯を物語り,これに類似するローマの人物の伝記を並べて両者を比較する。このような対比が 23組と,ほかに単独の伝記が4編,計 50人の伝記から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいゆうでん【英雄伝】

古代ギリシャの伝記作家プルタルコスの著「対比列伝」の通称。政治家・軍人で似通った生涯の者をギリシャ人とローマ人から選んで1組とし、業績などを比較・論評したもの。23組46人と4人の独立伝記からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英雄伝【えいゆうでん】

プルタルコス主著。ギリシアとローマの偉人たち50人の伝記を,それぞれ2人ずつ対比して並べたもの。原題ビオイ・パラレオイは〈対比列伝〉の意。伝記として史実に忠実ならんとするよりは,それぞれの人物の性格を浮彫にする挿話に力が注がれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいゆうでん【英雄伝 Bioi parallēloi】

ギリシアの著作家プルタルコスの代表的な伝記作品。日本では一般に《英雄伝》の名で親しまれているが,原題の意味からは《対比列伝》の訳語のほうが正確である。取り上げられているのも必ずしも英雄と呼ぶべき人物ばかりではない。歴史上の,あるいは伝説上の偉大な人物をギリシアとローマから1対ずつ選んで並べ,たとえばギリシアのテセウスとローマのロムルスアレクサンドロスカエサルデモステネスキケロリュクルゴスとヌマというように46人を対比して扱っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいゆうでん【英雄伝】

ギリシャの伝記作家プルタルコスの著。ギリシャとローマの政治家で、似かよった生涯を送った二三組四六人を比較論評。対比列伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の英雄伝の言及

【伝記】より

…まず歴史という母胎ではぐくまれ,やがてひとり立ちするに至ったものが伝記だともいえる。中国の《史記》では,列伝が不可欠の構成要素をなしており,プルタルコスの《英雄伝》は,ギリシア,ローマの史上有名な人物を2人ずつ組み合わせた対比列伝であった。日本の《古事記》《日本書紀》でも中核をなすのは天皇の列伝であり,平安後期成立の《大鏡》以降の,いわゆる鏡物の国文の歴史物語も列伝体を軸としており,《栄華物語》には〈藤原道長伝〉という副題をふることも許されよう。…

【プルタルコス】より

…数多くの作品を書いたと伝えられるが,現存する作品で彼の真作と考えられるものは80に満たない。しかしながらその中には有名な《英雄伝》の大作があり,そのほかにも《倫理論集(エティカ,モラリア)》と呼ばれる膨大な著作集がある。後者は道徳ばかりでなく,政治,宗教,文学,音楽など広い範囲にわたって扱った著述で,その思想は深遠なものではないが堅実であり,豊かな教養を示していることからルネサンス期を中心として後世への影響が大きい。…

※「英雄伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英雄伝の関連キーワード英雄伝説ガガーブトリロジーロジャー・L. グリーンジュリアス・シーザーロマンス(文芸用語)ジュリアス・シーザー魔神英雄伝ワタル2英雄伝説 空の軌跡シェークスピア英雄伝説 軌跡カルステンスリヌッチーニ超魔神龍神丸新星空神丸河野 与一新星龍神丸高橋 五郎柴田由美子鶴見 祐輔新星戦神丸森 晋太郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英雄伝の関連情報